ライディングテク

August 09, 2007

今日はAll About内のいつも読んでいるところで、これはバイク乗りとして1度は目を通しておきたい!と思った記事を紹介したいと思います。

昨日はお遊びツールの紹介でしたが、本当にインターネットって、何から何までできちゃうから手放せません!

一口にバイク乗りと言っても、人により乗り方は千差万別だと思います。が、一読しておいて絶対損はないですよ!


All About内にはバイク関連の記事がいくつかあるんですが、その中のタグで“バイク運転テクニックといえば”というのでずらーっと出てきます。


交差点で小さく曲がるテクニック

2007年07月10日の記事より引用

クラッチを切る、そして繋ぐ

今回は交差点で小さく曲がるテクニックをお伝えします。ポイントはクラッチの使いかた。クラッチをきるタイミング、繋ぐタイミングをうまくつかめれば、意外なほど小さく曲がれるようになります...(略)

冒頭だけ引用しましたが、2ページに渡り、小さく曲がるコツ、半クラの仕方などが詳細に絵付で説明されているので分かりやすいです!


あらためて知っておきたいブレーキの性能

2007年07月25日の記事より引用

ブレーキングは怖くない

大抵のライダーにとって、強力なブレーキが装着されている安心感は、同時に効きすぎると怖い、という警戒心にもつながっています。それは、急激な前のめりという、ライダーを不安にする状態を経験してしまっているからに違いないと思います。これが嫌で、フロントブレーキを徐々に弱めにかけるクセがついてしまっているのでしょう。

しかし、リヤブレーキだけではイザというときの危険回避を含め、ハードブレーキングが必要なときに対応できません。自信を持って、確実に強いブレーキングができる状態になっていること。安全性を考えれば、その状態でいることが大切なのはいうまでもありません...(略)

ブレーキングについては、運転中に絶対意識するポイントですよね。こちらも2ページ記事があり、次ページでは分かりやすいイラストと共に、バイクのブレーキの特性も詳しく知ることができます。

テクニックも大事でしょうが、知識として頭の隅にあるとないとでは違うと思いました。


ヘアピンコーナーの曲がり方

2007年07月27日の記事より引用

苦手意識はなぜだろう?

世の中の道路には大小含めて様々な種類のコーナーがあります。その中でも小さなコーナーを遅いスピードで曲がるヘアピンコーナーが苦手、というライダーが多いのはなぜでしょう?

ヘアピンコーナーを苦手とする原因の大半は、小さなコーナーを180度ターンする角度のきついカーブであること。つまり、小さいコーナーだと思っていても、思ったより長い時間曲がり続けないといけないので、自分の思うように曲がり切れない怖さがつきまとうからなのです。

多くのライダーは、ヘアピンコーナーを普通のカーブと同じように曲がろうとします。しかし、ヘアピンコーナーにはヘアピンコーナーに合った乗り方とアプローチがあるのです。そのテクニックを紹介しましょう...(略)

アメリカン乗りはそこまで…際どい曲がり方をしません、というかできませんよね。交差点だろうが山道のカーブだろうが、減速してじゃないと、ネイキッドのようにバンクさせながら曲がる、というのはなかなか。。

でも全くバンクさせないワケじゃないですよね。この記事を読んで、ヘアピンコーナーってリーンアウトなんだ!と初めて知らされました。


ブレーキレバーは握らない

2007年07月31日の記事より引用

握りやすいと、力が入りやすいは違う

(前略)...手の感触だけいえば握るという動きはたしかに、指に負担がかからない感じがして力を込めやすいように思えます。そこで体力測定で使う握力計を思い出していただいて、なぜ引くのかを説明します。

握力計は各自の手の大きさに合わせ調整ができるようになっています。しかし握りやすい位置にセットして思い切り力を込めると、思ったより測定値が上がらなかった経験はありませんか? 実は握力計は少し指にとって遠い、握りにくい位置から引くと、力を込めにくい感触のままですが、測定値は高くなるのです...(略)

ん〜なんだか教習所で、ブレーキは4本指でしっかりと!と習った気がする零なのですが。。

そこは臨機応変なのでしょうねぇ。

でも読んでいくと、握りやすいと力が入りやすいの違いはよく分かりました。こちらもイラスト入りなのでイメトレしながら読むことができました。


紹介したのはほんの一部なんですが、このように、様々なシーンに応じたドライビングテクニックや、状況に応じたテクニックがたくさんあります。雨の日もスリップしない!とか!

当たり前じゃ〜ん、と分かっている方もいらっしゃるかもしれませんが、初心者や女性の方は特に一読することをお勧めしたいと零は思います。

読んでバイクというものの特性を知り、知識として頭に入れておくとまた違ったドライビングができるかもしれませんしね!


何にせよ、確認と法規走行が一番大切ですけどね!

マナーを守ってこの夏も楽しくバイクで走りたいと思います。



零(Ray) posted time 19:55 | comments.png Comment(6) | page_link.pngTrackBack(1) | folder.png motorcycle
comments.png Comment
pencil.png seikiti0816 time August 09, 2007 23:26
また面白いサイト紹介してくれますね〜( v^−゜)

今度じ〜っくりと読もうっと
pencil.pngtime August 10, 2007 12:35
〓〓〓 seikiti0816さま 〓〓〓

じっくり読まれてください〜。
バイク乗りの方の読者が本当に多いようですし。
実践となるとまた違ってくるかもしれませんが、
知識として知っていると知らないとでは大違いかと思います。
pencil.png 三十路♀ time August 11, 2007 19:34
お久です!
あ!誤解のないように言っておきますが
毎日ずーーーーーーと零さんブログは見てるんですよ!!
ただ、コメントを全然残してなかったので。。。
自分の方もコメントレスしてない位だったので。。。

それにしても、ここに書いてあるのは勉強になりますね!
そろそろ大型へ・・・と考えてますのでマジで素晴らしいです!!
教習所通いだしたらダメ出しばかりなんだろうなぁ。。。
変な乗り方でクセになってるかもしれないですから。。。
pencil.pngtime August 12, 2007 07:40
〓〓〓 三十路♀さま 〓〓〓

お久しぶりコメントです!!
お忙しいんですか???

零もたまに、読んではいるけど読み止まりでコメントしない時はあります〜。
お気になさらず^−^

お、大型いっちゃいますか〜?いいなあぁいいなぁあ!!
零もいっとこうかな〜。。でもなぁ。。。
多分クセってところだけ見ると、中免とってからそのまま大型取ったら一番楽だったでしょうね。
そしてアメリカンだから、停車時なんか両足つくのが当たり前になってますが
教習じゃダメですもんね。ローギアで右足フットブレーキ!
クラッチも握りっぱなし!じゃなかったですか?
pencil.png 三十路♀ time August 12, 2007 12:17
なんか地味に忙しいんですよね〜〜。
暑いせいもあって体が疲れきってます。。。

大型来月位には・・・と考えてます。
教習所はCBなのでアメリカンのように足ベッタリといかないので
ちょっと恐怖ですがチャレンジっす!!
あ〜〜、停車時ローギア&フットブレーキでしたね!!
きゃ〜〜〜〜、今のうちに練習しとかなきゃですわ!!!!
pencil.pngtime August 12, 2007 15:48
〓〓〓 三十路♀さま 〓〓〓

でしたよね、でしたよね!!<ローギア・フットブレーキ
しかも、チェックもしなきゃいけませんでしたよね。
何度かギアをガチャガチャ踏んで、ローギアに入っているか!!
あとはミラー・目視!ミラー・目視!!
零も取るだけとってしまおうかなぁ。
けど、先に今のバイクのローンを払ってしまうか。
まあ蓄えはそれなりにあるので迷い中なんですよね。。。
三十路♀さんのブログの大型取得日記、みたいになったのを読んでから決めるか!
そうしようそうしようwww
comment_edit.png Post comment
Name: (required)

Email address:

URL:

Comment: (required)

認証コード: (required)


※画像の中の文字を半角で入力してください。

page_link.png TrackBacks

ライディングテク向上計画
Excerpt: 最近ライディングテクニックをいろいろ試しています。 きっかけは零さんの「motorcycle」のページで紹介されている「AllAbout」の「バイク運転テクニックといえば」を見てから。 端..
Weblog: バイクに乗りたい!
Tracked: 2007-08-26 18:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。